現金化クレジットカード
クレジットカード比較
クレジットカード現金化比較

経営方針

クレジットカード 提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

クレジットカードクレジットカード(Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカード型の証票等である。磁気ストライプによるものとICによるものがある。
クレジットカード会社が、会員に信用(credit)を供与するという意味で「クレジット」と名付けられている。
日本でのクレジットカードについてはクレジットカード (日本)を別途参照のこと。
クレジットカードは、利用できる加盟店で、商品の購入に際しクレジットカードを提示すると、いったんクレジットカード会社が加盟店への支払いを肩代わりし、後でカード利用者へ代金を請求する仕組みである。流れは以下のとおり。また、右図も参照されたい(ここではノン・オン・アス取引で説明する。また、信用照会(オーソリゼーション)は省略した)[1]。
カード利用者は、カード加盟店でクレジットカードを提示する。
カード加盟店は、商品・サービスを、カード利用者へ提供する。
カード加盟店は、商品・サービス代金の伝票を加盟店管理会社(アクワイアラー)へ回す。
加盟店管理会社は、商品・サービス代金から手数料を引いた額をカード加盟店へ一括で支払う。
加盟店管理会社は、取引情報を処理センターへ送る。
処理センターは、取引情報をカード発行会社(イシュアー)へ送る。 カード発行会社は、手数料を上乗せして商品・サービス代金をカード利用者へ請求する。
カード利用者は、商品・サービス代金をカード発行会社へ支払う。
カード発行会社は、商品・サービス代金を加盟店管理会社へ支払う。
なお、カードの利用にあたってはクレジットカード発行会社へ信用照会が行われる。ここで承認が降りない場合(期限が切れている、限度額を超えている等)、クレジットカードを使用することはできない。



なお、日本ではジェイデビット(J-Debit)が独自のデビットカードサービスを展開して普及させたため、デビットカードとクレジットカードは別物として扱われるが、米国などでは、デビットカードといえば「チェックカード」と呼ばれるデビット方式のクレジットカードを意味することが多い。